商標における標準文字とは?

商標法に定める標準文字は、文字だけで成り立っている商標です。申請者が文字装飾について特別な権利を求めないなら、登録の際に使われる特許庁長官が前もって決めた書体です(商標法第5条第3項)。申請時に標準文字が選ばれれば、申請者は文字列を記入さえすれば、別に願書に付ける商標の準備が要りません。商標権は登録商標と同じ商標以外にも似た商標も範囲に含むので、標準文字にしても権利内に入るかどうかに差異はありません。

索引

(1)標準文字とは?

(1-1) 標準文字制度

文字商標に対して適用

商標は「商い(あきない)の標し(しるし)」と表されるように、多くの商品から特定の商品を選べるようにつかう目印です。

商標法に定める標準文字は、文字だけで成り立っている商標です。申請者が文字装飾について特別な権利を求めないなら、登録の際に使われる特許庁長官が前もって決めた書体です(商標法第5条第3項)。

この商標の中でも文字のみを含み、文字以外の他の図形、記号、マーク、色彩、立体形状等を含まない際に、権利要求する商標として標準文字を選択可能です。

定められた文字書体を表示様態とする

商標登録出願の願書で標準文字を選ぶと、特許庁長官が決めた書体が登録商標に使用されます。特別な文字のフォントを特段決めない際に標準文字は有効です。

商標についての権利申請者は文字の字体に悩む必要がないです。

ただし、文字のみの商標にデザインにこだわりがあれば、標準文字ではなくデザイン込みの商標を願書に記載します。標準文字を選択すると、デザインの指定ができません。

標準文字制度での権利範囲

標準文字を選んだとして、従来の文字商標と較べて何か不都合があるかといえば、それはないです。

商標権は同じ登録商標を超えて、似た商標まで権利範囲に包含するので、登録商標のどこまでが同一かは議論の対象にはならないです。

つまり、標準文字の登録商標により商標権が得られたなら、同じ文字の字体のみが違うものは全て権利範囲内になります。

もちろん、日本人が読むことのできない文字とはいえないようなデザインが加味された記号の領域になれば別です。

そこまでいくと、もはや文字とはいえませんので、需要者が分からないなら標準文字の商標権の権利範囲より外れます。

(1-2) 標準文字

指定の文字商標に適用される文字書体

願書で出願認が標準文字を指定すれば、願書に書いた文字商標に標準文字が適用されます。

標準文字でもアルファベットの大文字、小文字を指定できます。文字商標の読み方が同じであれば、大文字の標準文字を使うか、または小文字の標準文字を使うかに差は出ません。

標準文字の大文字と小文字の組み合わせをどうすればよいか分からない際は、実際に商品に使うものを指定します。

(1-3) 標準文字と認められる商標例

標準文字に含まれる漢字、片仮名、平仮名、アルファベット、スペース等を使って表現できる商標なら標準文字です。

標準文字として認められる事例

  • 標準文字:登録商標「ファーイースト国際特許事務所」(アルファベットと漢字の組み合わせ)
  • 標準文字:登録商標「ほろぐら」(ひらがなのみ)
  • 標準文字:登録商標「商標登録革命」(漢字のみ)

(1-4) 標準文字と認められない商標例

次の商標は、標準文字の商標とは違う商標であると扱われます。

図形商標、ロゴ

図形商標、ロゴでは、通常文字がないので文字商標とは違う商標扱いです。標準商標は文字だけを含むことが条件です。

結合商標

結合商標は、文字以外の図形、記号、マーク、色彩、立体的形状等の別の要素を含むため、標準文字とは違います。

文字数を超えた商標

標準文字で出願できる文字数には制限があります。指定文字数は30文字です。30文字以内に収まらないと標準文字として出願不能です。また指定文字数にスペースも数えます。

色彩が付与された商標

色つきの商標とか色のみの商標は標準文字としては登録できないです。色があるときは、標準文字ではなく、普通の商標として出願します。

書体が統一されていない商標

標準文字の書体は特許庁長官により決められていて、一部でも長官の指定していない文字が含まれている場合には、他の文字が長官が決めたものでも標準文字の商標とは違う扱いを受けます。

たてがきの商標

文字だけの商標でも、縦に書いてある商標は標準文字の商標とは違います。縦に商標を書くなら、標準文字を採用せず、通常の商標登録出願で行きます。

特殊文字等で記載された商標

特許庁長官の決めた文字とは異なる特殊文字を含む商標は標準文字とは認められないです。

例えば、「❤」などの機種依存文字は標準文字の対象外です。

(2)2017年の標準文字に関する改訂

(2-1) 標準文字に関するニュース

標準文字に関連し、JIS X 0213の例示字形を視野に入れた新しい標準文字が採用されました。これにより、これまでと較べて標準文字の使用範囲が拡がります。

この新たな表人文字の制度は2017年の1月1日から施行されます。

改訂後の標準文字の確認方法

JIS X 0213に記載のある文字と対比の後に、この規格に含まれていないとアウトになります。

ただし実際の配列表と比較するのは大変です。

ただし実際の配列表と比較するのは大変です。

改正後の標準文字を確認する方法としは、特許庁の電子出願ソフトサポートセンターの提供するインターネット出願ソフトのチェックがあります。標準文字として認められないものが入っている場合は認証されない仕組みになっています。

こちらを使うとよいでしょう。

ただしインターネット出願ソフトの環境設定は無料ではできませんので、一定の投資も要ります。

(3)まとめ

商標登録出願のときに標準文字を選ぶと、商標を願書に貼り付ける手間が不要になり、簡単に願書を作成できます。

また標準文字を選択したからといって、権利範囲が狭くなるデメリットはありません。

唯一標準文字の注意点としては、標準文字は全角文字を扱っている関係で、外国出願には向きません。

将来海外にも商標登録する必要があり、日本の登録を活用したいのであれば、最初から海外を狙った商標を作成すべきでしょう。

ファーイースト国際特許事務所
所長弁理士 平野 泰弘

03-6667-0247


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function wp_social_bookmarking_light_output_e() in /home/fareast/xn--czro89bx5ie22a.com/public_html/wp/wp-content/themes/mytheme/single-column.php:40 Stack trace: #0 /home/fareast/xn--czro89bx5ie22a.com/public_html/wp/wp-includes/template-loader.php(77): include() #1 /home/fareast/xn--czro89bx5ie22a.com/public_html/wp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/fareast/x...') #2 /home/fareast/xn--czro89bx5ie22a.com/public_html/index.php(17): require('/home/fareast/x...') #3 {main} thrown in /home/fareast/xn--czro89bx5ie22a.com/public_html/wp/wp-content/themes/mytheme/single-column.php on line 40