登録商標の流れ

あなたの商標が登録可能かどうか、まずは商標の無料調査を行います。実際に、特許庁に商標登録出願を行うまでは、費用は発生しません。

商標の調査から特許庁への出願まで、無料でお付き合いします。このページでは、無料調査から、登録完了までの一連の流れをご説明します。

商標登録の流れ商標登録の流れ

無料の商標調査お申し込み

最初に商標と業務分野をお知らせください。

商標を特許庁に登録する際には、商標のみを登録するのではなくて、その商標を「何に使用するか」を指定して登録します。

例えば商標が「コカコーラ」であれば、使用する商品は「炭酸飲料」です。

炭酸飲料を指定して商標「コカコーラ」を出願します。
審査に合格できると、商品「炭酸飲料」について商標権が発生します。
ただし炭酸飲料以外の指定しなかった商品については、商標権は発生しません。

多くの商品や役務(えきむ、サービスのこと)を指定すると権利範囲が広くなります。
商品や役務は商標法上、45個の区分に分かれていて、それぞれが課金単位になっています。
このため多くの商品や役務を指定すると権利範囲は広くなりますが、費用が高くなります。

特許庁に商標登録する際には、商標(文字、図形、記号、ロゴマーク等)のみを登録するのではなく、その商標をどの業務分野に使用するかを指定して行います。どの業務分野かがわからない場合は、お話をうかがい、適切な範囲をご提案いたします。

商標調査

事前に無料の商標調査を実施

特許庁に商標登録出願を行っても、先に似たような商標が登録されていると商標登録を受けることができません。そこでまず無料で調査を行い、登録できるかどうかを確認します。なお、登録の見込みがないことが判明した場合には商標の再考をお願いします。

商標の無料調査には、1営業日か2営業日をいただきます。お申込が集中した場合には、さらにお待ち頂く場合があります。

書類作成・出願

提出書類の作成と提出

出願するご指示をいただければ、その日のうちに願書案をお送りします。
お客さまによる確認後、ゴーサインを頂ければ、その日のうちに特許庁への出願が可能です。

お客さまからの情報をもとに特許庁に提出する書類を作成します。最終チェックをいただいたうえで特許庁に願書を提出し、その後、関係書類をお客さまにお送りします。

願書に貼る印紙代はファーイースト国際特許事務所が立て替えます。事前にお支払い頂く必要はありません。

出願後、お送りする関係書類の中に請求書が入っていますので、出願に要した費用を後日お振り込みください。

審査

特許庁における審査

特許庁における審査は半年から1年程度かかります。

審査の結果、問題ないと判断された場合には登録査定となります。逆に問題があると判断された場合には意見を述べる機会が与えられます。審査官との面接や意見書の提出などにより、審査官の心証が覆ったときは登録査定となりますが、心証が変わらないときは拒絶査定になります。

拒絶査定に不服がある場合には特許庁に対して、拒絶査定不服審判を請求することができます。

手続き

登録商標の手続き

審査に合格できなければ、例外なく事務所の取り分はゼロ。
登録査定を知らせる書類が到着したら、指定された期間内に登録料を納めます。

登録料は5年分または10年分の一括支払いとなります。お客さまの意思を確認した後、こちらで登録料を納付します。請求書を送付しますので、登録に要した費用を後日お振り込みください。

登録証発行・終了

登録証の発行

登録料の納付から1ヶ月前後で登録証が送付されてきます。これをお客様にお届けして、一連の登録手続きは終了します。

更新

商標権は10年ごとに更新

商標権の存続期間は10年ですが、10年毎の更新手続きを繰り返すことにより半永久的に商標権を保有することができます。ただし、5年分の分割納付を選択した場合には、残りの5年分の支払いが別途必要になります。

商標権の更新は、自動車の運転免許の場合と同じとお考えください。
最初の一回は試験を受けるのですが、次回以降は権利失効前に更新手続きを行うことにより、更新することができます。

ファーイースト国際特許事務所で手続きをしたものについては、次回以降の更新時期をお知らせします。

注意点

権利者を公示するために、特許庁が発行する商標公報には出願人の住所と氏名が、例外なく掲載されます。

この点は個人、法人も同じで、例外はありません。また商標登録の際には偽名では商標権を取得することができないことになっています。

また権利名義を会社名にしたとしても、履歴事項全部証明書には代表者の住所と氏名が記載される上、法務局で誰でも履歴事項全部証明書を簡単に入手することができます。日本の現在の法律によれば、氏名と住所を隠したままで会社の代表者になったり、権利を取得したりすることはできないのです。

住所や氏名が公開されては困る事情をお持ちの方は、必ず事前に相談下さるようお願いいたします。

商標の無料調査の申込はこちらから

現在、期間限定で商標の調査を無料で実施しています。お気軽にご連絡ください。
24時間・365日受付中です。

無料商標調査

まずは商標調査無料 出願前に登録が可能かどうかを、弁理士が無料でお調べします。登録できるかどうか、まずは 知りたい!という方へ 商標調査はこちらまずは商標調査無料 出願前に登録が可能かどうかを、弁理士が無料でお調べします。登録できるかどうか、まずは 知りたい!という方へ 商標調査はこちら

著作紹介

ダイヤモンド社
「社長、商標登録はお済みですか?」

ダイヤモンド社「社長、商標登録はお済みですか?」ダイヤモンド社「社長、商標登録はお済みですか?」

所長弁理士 平野 泰弘所長弁理士 平野 泰弘

日本弁理士会所属
特定侵害訴訟代理業務付記弁理士
大阪大学大学院理学研究科
博士前期課程修了

特許庁出願5年連続1000件以上。
特許庁の審査・審判に加え、東京・大阪地裁、知財高裁、最高裁等の代理人受任対応多数。

事務所概要はこちら事務所概要はこちら

TV・ラジオ出演情報

TV・ラジオ出演情報TV・ラジオ出演情報

最新のメディア出演

  • 東京五輪商標の類似疑惑の件でテレ朝「モーニングバード」に生出演
  • 東京オリンピックのエンブレム問題
    TBSラジオ「デイ・キャッチ」生出演
  • NHKによるトヨタの燃料電池車の開放特許の取材
  • ホンダマガジンによるスーパーカブの立体商標の取材
  • 大阪府のキャラクター「モッピー」の件でTBSテレビのNスタから取材
  • 東京FMの「アポロンの秘密」に出演しました
  • スーパーカブの立体商標について東海ラジオで解説
  • フジテレビの世界HOTジャーナルから取材
  • フジテレビ「とくダネ!」で「おもてなし」の無断出願についてコメント
  • TBS「ひるおび」に出演、倍返しの商標について解説
  • 東海ラジオに出演、じぇじぇじぇについて解説しました。
  • フジテレビ「とくダネ!!」でも加護亜依の商標登録問題にコメント
ページTOPへ

まずは無料商標調査まずは無料商標調査

03-6667-024703-6667-0247

ただ今、お電話でも受付けております。

弁理士・弁護士が常時在籍
【営業時間】9:30~18:00(土日祝除く)